復職前に夫婦で話したい事 3選

当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

ワーママ術

こんにちは、みーです。

育休復帰後は何かとバタバタする為、
夫婦二人で協力して育児をする上で事前に話し合っておきたい事をまとめました。

良ければご参考にしてください。

働き方×お金について

時短勤務?それともフルタイムで復帰?

まず結論から、最初は時短勤務がおすすめ。

理由は簡単!
途中で変更する場合に勤務時間を延ばすことは簡単に出来ても
勤務時間を減らすことは難しい場合が多いから。

時短勤務のメリットは時間の余裕が出来るため家事・育児時間の確保が可能。
育児と久しぶりの仕事では始めはバタバタします。
まずは時短勤務で復帰して、新しいライフスタイルに慣らしていきましょう。

デメリットについては職場によっても異なると思いますが
仕事の評価がされにくくなる可能性があることや、
時短勤務が珍しい職場では配慮が足りなかったり、逆に過剰に配慮されてしまうことで同僚との関わりに悩むケースもあると思います。
でも、家庭における最大のデメリットは給料が減ること!

私は産休前にフルタイム&残業ガッツリしていた事もあり
2時間短縮することで10万くらい下がりました。
それに加えて保育料、お惣菜の購入頻度が増えたりと暫く赤字家計になってました。

職場復帰に向けて家計管理も改めてしておくと安心です。
FPに相談することで無駄な支出を減らして、計画性のある家計管理が出来るのでおすすめです。

家事分担&時短家電の導入

家事は二人でするのが当たり前

復帰してすぐは久々の仕事や慣れない保育園生活でママも子どもも余裕がありません。
パパにお願い出来ることは甘えて、家事はなるべく手を抜きましょう。

男性は気が付かない人が多い為、やってくれないと待っているよりも具体的に指示を出すことが大事!

復帰前に日頃行っている家事を洗い出しして、旦那さんに共有しましょう。
また育児についても一緒にリストアップして見える化する事がおすすめ。

やることが見えれば旦那さんも協力しやすくなりますね。
帰りが遅いから、仕事が遅いから、、、と遠慮せず二人で協力する事が大切です。
帰りが遅い旦那さんでも食器洗いやお風呂掃除など夜でも出来ることをお願いしましょう。

お金で時間が買える!?時短家電は強力な味方

とくにおすすめなのはドラム式洗濯乾燥機
保育園にもよりますが、乳児のころはなにかと洗濯物が多め。導入することで洗濯物を干す時間の短縮が可能。

料理が苦手なママにおすすめしたいのはミールキット

毎日メニューを考える必要も買い物の手間も省けて、とっても便利。

我が家は主菜を注文しているので、味噌汁と副菜だけ考えてミールキットをササっと作って30分もあれば夕食の準備完了!

その他にも調理家電やロボット掃除機の導入で家族の時間を増やしましょう。

発熱時のお迎え&スケジュール調整

発熱等の対応も夫婦で乗り越えよう

保育園の洗礼といわれるほど、乳児期は保育園からの呼び出しばっかり。

いざという時、揉めない・モヤモヤしないように事前に話し合っておくことも大事。

我が家の基本的なルールは保育園の呼び出しは通勤時間が短いパパ、翌日以降の休むのはママ。

保育園からの電話はあえてパパの職場に電話をしてもらって、社内の人にも保育園から呼び出されたのがわかるようにするのがおすすめ。

私は明日以降何日間かお休みしても問題がないように、仕事の引継ぎ&スケジュールの調整をおこなって同僚たちに迷惑が掛からないように気を付けております。

アプリを使ってお互いのスケジュールをチェック!

巷ではよくパパばっかり出張や飲み会のスケジュールを勝手に入れて、もやるとの話を聞きます。

私も昔は同じ悩みを抱え出張の予定がなかなか組めず、結局周りにお願いするばかりでした。
でもスケジュール管理アプリを導入後は仕事と家庭の両立が図れるようになりました。

お互いに出張のスケジュールが決まり次第、カレンダーに登録。
すでに相手が登録している日は保育園の送り迎えが出来るように予め仕事の調整をする。

また、仕事をしていると絶対に休みたくない日はありませんか?
大事な日に限って子どもが発熱!なんてよくある事ですよね。

すぐにはお迎え行けない!なんてトラブルにならないように、外せないの日もカレンダーに登録し緊急時にはお互いでフォローしてます。

最後に

私たち夫婦は何事も平等に!をモットーに小さな事でも二人で話し合って決めるようにしてます。

共働きだからこそ、お互いの仕事を尊重し夫婦で協力する事が大切ですよね。

家族が笑顔で過ごせるためには、夫婦仲が良いのが一番。
支えあって素敵な毎日がおくれますように。

以上、みーでした。

タイトルとURLをコピーしました